節約

1日中家にいる夫婦がガス代を月2,000円安くした方法

gas-charge

こんにちは、たぬきです。

最近光熱費の節約のためにいろいろなことを試しています。

少し生活を変えたところ、約6,000円だったガス代が約4,000円ほどまで安くなりました。

自分でもこんなに変わるとは思っていなかったので驚いています。

今回はそんなガス代を月2,000円安くした方法をご紹介します。

はじめに

まずはじめに私たち夫婦の基本データはこんな感じです。

  • 夫婦2人暮らし
  • ペットなし(飼いたい)
  • 親戚から借りている戸建て住み
  • 基本自炊でガスコンロ使用
  • 東京ガスを利用

ほぼ毎日家にいるのでなんだかんだ光熱費は高くなりがちです。。

ガス代を月2,000円安くした方法

引きこもりの私たち夫婦がガス代を安くした方法はこちら。

  • 料理は時短を心がける
  • 湯船にお湯をためる回数を減らす
  • 給湯器は基本つけない

 料理は時短を心がける

毎日料理をしていると、結構な頻度でガスコンロを使います。

ガス代を安くするためには、ガスコンロを使う時間を減らすことが大切です。

私は時短調理のために電子レンジを上手に使ったり、事前に下味をつけておくなどしました。

また、作り置きをすることも効果的です。

まとめて作っておくことで調理時間もガスや電気の使用量も減らすことができました。

湯船にお湯をためる回数を減らす

湯船にお湯をためるのは結構なお湯を使います。

さらに足し湯などもしていたので、かなりガス代がかかります。

寒い時期は湯船につかりたいですが、そこまでではない時期は湯船につかるのをほぼやめました。

ちなみに湯船につからない日もときどきは掃除をしましょう。サボると次に使うときに掃除をするのが大変です。

給湯器は基本つけない

以前は朝起きたらすぐに給湯器をつけていました。

洗い物をするときも何も考えずにお湯を使い、手を洗うときも勝手にお湯が出る仕様。

でも給湯器のスイッチをつけるのをやめてみたところ、生活はそんなに変わらないのにガス代がぐんと下がりました。

たぶんこれがいちばんガス代に影響があったと思います。

お湯はそんなに使う必要がない

節約してみてわかったことですが、今まで当たり前に使っていたお湯ってそんなに使う必要がないです。

もちろんお風呂に入ったりシャワーをしたりするには必要ですが、洗い物とか寒い時期以外全然いらないです。

そういう前提で生活するとガス代を減らすのは意外と簡単でした。

最後に:ガス代を減らしてよかった

光熱費って必要な出費だけど、できるなら減らしたい。

今回少し頑張ってみて、月2,000円も安くなってすごく嬉しかったです。もし1年続けられたら24,000円、10年で240,000円にもなります。

今後もどんどん出費を減らせるようにしていきたいです。