おうちで

散髪代を節約する方法!家で散髪するのに用意するもの

haircut

こんにちは、たぬきです。

働いていないニート夫婦なので、かなりの節約を日々しています。

節約するなかで気がついたのが、「散髪代」の高さ。

夫婦それぞれ2ヶ月に1回美容院に行くと6,000円はかかります。月3,000円の計算。

あまりにもったいないということで、散髪代を節約しようとした結果、ほぼゼロにすることができました。

今回はニート夫婦が実践している散髪代を節約する方法を紹介します。

散髪代を節約する方法

私たちが夫婦で実践している散髪代を節約する方法がこちら。

家で散髪する

これだけです!

当たり前と言えば当たり前なのですが、美容院や床屋に行かずに家で散髪をするだけで散髪代を浮かせることができます。

最初はけっこう苦戦したのですが、なんだかんだ慣れてきて快適になりました。

家で散髪するのに用意した方がいいもの

ハサミさえあればいいと思いがちですが、それなりに用意をしないと大変です。

用意した方がいいものがこちら。

  • ハサミ、すきバサミ
  • くし
  • ケープ
  • 掃除機

 ハサミ、すきバサミ

ハサミは必須です。髪を切るためのものれあればなんでもいいと思いますが、大きさなどは自分が使いやすいものを見つけられるといいです。

さらに、ハサミだけでなくすきバサミも用意するのがおすすめです。

量を減らしたいときにハサミだけだとなかなか難しいのですが、すきバサミがあれば意外と簡単に仕上がりました。

セットで売っている場合も多いのでセットで買うのが楽ちんです。

くし

手ごろなくしがなくて散髪に困る前に用意しましょう(笑)

1,000円カットでもらえるようなものが便利です。

私は間違えてハサミで壊しそうなので家にあったものを使いました。

 ケープ

バスタオルでいけるかなと最初に挑戦したところ、なかなかにめんどくかったです!

髪の毛がつきまくったタオルや服をきれいにするのは想像以上に大変。

洗濯機にかけようものならそれ以降の洗濯も若干の被害にあいます。

安いのでもケープは用意しましょう。洗えるものがおすすめです。

掃除機

散髪のためにわざわざ用意するものでもないですが、掃除機ないと困ります。

落ちた髪の毛を取りきれない場合は掃除機で一気に吸ってしまった方が早かったです。

先日コードレス掃除機を買ったのでそちらを利用して簡単に片付けられました。↓

cordless-vacuum-cleaner
コードレス掃除機を買ってよかったこと。生活が一気に快適になる。こんにちは、たぬきです。 現在親戚から借りている戸建てに夫婦で住んでいます。3階建てで、とにかく掃除が大変。実際に使っている部屋は...

 

最後に

家で散髪、もしやってくれる人がいるならやってもらった方が確実に節約になります。

もちろん難しい髪型はできないですが、特にこだわりがなければ相当お得です。

この機会にぜひおうち散髪、試してみてください。