結婚準備

婚姻届の証人って誰でもいいの?誰に頼む?【結婚準備】

Marriage

ドキドキの結婚準備、と思いきや結構大変なこともたくさんありますよね。

結婚式の準備や、両家の親への挨拶、役所での手続きなど、、

私たちの場合は、若いということもあり本当に色々大変でした(笑)

誰に反対されようとわかってもらえなかろうと、2人の結婚をやめるなんて選択肢はなかったのでほぼ事後報告みたいなものでした。

その中で結構困ったのが「婚姻届の証人」。

今回はその婚姻届の証人について書いていきます!

 

婚姻届の証人って?

正直、婚姻届を手に入れてから証人が必要だということを知りました。

婚姻届はその結婚を認めてくれる証人2人よる署名が必要です。

証人っていうと難しそうですが、そんなに難しく考える必要はなさそう。

 

婚姻届の証人は誰に頼む?

問題なのは、証人を誰に頼むか。

親と仲が良かったり、特に何もなければ両家の親に頼む場合が多いみたいです。

私たちは両家の親というわけにはいかなかったので、親と兄弟にお願いしました。

これも、特にしきたり等を重んじないという意見が2人の中で一致したからです。

誰でもいい分、しっかり話し合いをして、お互いが納得できるようにしましょう。

一生に一度のことなので、後悔しないようにしたいですね。

お世話になった人に頼みたいと思う人も多いと思います。

婚姻届は時間に余裕を持って書こう

婚姻届の記入は時間に余裕を持って行いましょう。

書いて出すだけだと思いがちですが、証人の署名、戸籍謄本の用意など意外と時間がかかります。

もし間に合わなくて提出したかった日に提出できなかったらせっかくの記念日がずれてしまう可能性もあります。

万全の状態で提出できるようにするのがおすすめです。

準備には余裕を持ちましょう。

 

最後に

大切な記念となり、2人のスタートでもある婚姻届。

その証人をだれに頼むかは2人にとってすごく重要なことでしょう。

じっくり時間をかけて、最高の結婚ができたらいいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!